内視鏡検査

定期的な内視鏡検査を受けましょう

定期的な内視鏡検査を受けましょう

当院では、消化器外科専門医による年間250件以上の内視鏡検査を実施しています。
上部(食道 胃)内視鏡は鼻から入れる「経鼻内視鏡」のほか、口から入れる「経口内視鏡」の2通りから選んでいただくことができます。

下部(大腸)内視鏡は、検査中にポリープが発見された場合、その場で取れるものについては切除いたします。

胃腸のことで何かご不安なことやご心配なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

内視鏡検査でわかる病気

  • 胃の病気

    胃炎(急性、慢性)、胃ポリープ、胃潰瘍、胃がん など

  • 十二指腸の病気

    十二指腸潰瘍 など

  • 食道の病気

    逆流性食道炎、食道がん、食道ポリープ など

  • 大腸の病気

    潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸がん、憩室炎 など

こんな症状が出たら要注意!

以下のような症状がみられる方は、早めに内視鏡検査を受けましょう。
こんな症状が出たら要注意!
  • みぞおちのあたりが痛い
  • 胸やけする
  • 胃がもたれる
  • のどがつかえる感じがする
  • 便に血が混じる
  • 健康診断で便潜血検査に引っかかった
  • お腹が張っていて痛い
  • 便通がすっきりしない など

上部内視鏡検査の流れ

上部内視鏡検査の流れ
  • 1事前診察

    まずはご受診いただき、内視鏡検査を希望する旨をお申し出ください。
    医師やスタッフから検査の流れについてご説明いたします。

  • 2検査前日

    午前中に検査がある方は、夜9時までに軽く食事を済ませ、以後は食べ物を口にしないようにしてください(ガムや清涼菓子なども含みます)。水やお茶などの水分は就寝までとっていただいて構いません。

  • 3当日朝

    • 当日は朝食をとらずにお越しください。のどが渇いたときは、水やお茶などの水分を湯呑み1杯程度であればとっていただいて構いません。タバコはお控えください。
    • お薬を服用されている方は、医師の指示に従ってください。
  • 4来院

    • ゆったりとした服装で、時間に余裕を持ってお越しください。
    • 受付を済ませた後、お名前をお呼びするまでお待ちください。
  • 5検査

    経口内視鏡の場合はのどの麻酔をした後、経鼻内視鏡の場合は鼻の麻酔をした後に、胃腸のはたらきを抑える薬の注射をして、検査を開始します。検査にかかる時間は3~5分ほどです。何らかの所見があった場合には、組織を採取することもございます。

  • 6リカバリー

    鎮静剤を使用したときは、鎮静剤の効果が切れるまで、お部屋でお休みいただきます。

  • 7検査結果の説明

    医師から検査結果について、説明を受けていただきます。
    組織を採取した場合は、検査機関で組織の検査を行いますので、2週間後に再度結果を聞きに来ていただきますようお願いいたします。

検査を受けるときの注意点
  • 検査前に胃腸のはたらきを抑える薬を使用しますが、その薬の副作用で目がチカチカすることもございます。来院の際は車やバイク、自転車などの運転は避け、公共交通機関でお越しいただきますようお願いいたします。
  • 検査はリラックスした気持ちで受けましょう。
  • 検査から終了までお時間がかかりますので、時間に余裕を持ってお越しください。

下部内視鏡検査の流れ

下部内視鏡検査の流れ
  • 1事前診察

    まずはご受診いただき、内視鏡検査を希望する旨をお申し出ください。
    医師やスタッフから検査の流れについてご説明いたします。

  • 2検査前日

    前日は消化の良い食事をとり、夜9時以降はお食事をお控えください(ガムや清涼菓子なども含みます)。水やお茶などの水分は、就寝までとっていただいて構いません。

  • 3当日朝

    当日は朝食を抜き、自宅にて(挿入)2時間かけて下剤を服用していただきます。下剤はお腹が痛くなりにくいものを使用しますので、ご安心ください。
    数回トイレに通っていただき、便が透明になる頃にご来院頂きます。

  • 4来院

    来院後は受付を済ませていただき、検査着に着替えてお待ちください。

  • 5検査

    胃腸のはたらきを抑える薬と鎮静剤の点滴を入れた後、検査を開始します。検査にかかる時間は10~20分ほどです。ポリープが見つかった場合、取れるものはその場で切除します。
    また、何らかの所見があった場合には、組織を採取することもございます。

  • 6リカバリー

    鎮静剤の効果が切れるまで、お部屋でお休みいただきます。

  • 7検査結果の説明

    医師から検査結果について、説明を受けていただきます。
    組織を採取した場合は、検査機関で組織の検査を行いますので、2週間後に再度結果を聞きに来ていただきますようお願いいたします。

検査を受けるときの注意点
  • 大腸内視鏡検査の際には、大腸をきれいにすることが必要です。そのため、検査の2~3日前から、海草類・きのこ類・こんにゃく・キウイ・いちごなど、繊維の多い食べ物や種の多い食べ物は極力避けていただきますよう、お願いいたします。
  • ポリープを切除した場合は、検査後1週間程度は激しい運動や飲酒、刺激物や乳製品の摂取はお控えください。重たいものを持ったり、いきんだりすることもできる限り避けてください。旅行も2週間程度は控えていただきますようお願いいたします。
  • 検査前に胃腸のはたらきを抑える薬を使用しますが、その薬の副作用で目がチカチカすることもございます。来院の際は車やバイク、自転車などの運転は避け、公共交通機関でお越しいただきますようお願いいたします。
  • 検査はリラックスした気持ちで受けましょう。
  • 検査から終了までお時間がかかりますので、時間に余裕を持ってお越しください。

院長からのアドバイス

  • 内視鏡検査は怖くありません

    内視鏡検査を受けたことのない方にとって、「内視鏡検査は苦痛を伴うもの、怖いもの」というイメージがあるかもしれません。

    当院の上部内視鏡検査は、口から挿入する「経口内視鏡」と鼻から挿入する「経鼻内視鏡」を選ぶことができます。また、下部内視鏡検査は鎮静剤を少量使用し、半ば眠った状態で検査を行うため、苦痛はほとんどありません。

    どうしても抵抗のある場合は医師がきちんと説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談は
お気軽に

内科や整形外科のことなら、亀戸にある亀戸水神森クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5628-6767 お気軽にお問い合わせ下さい

pagetop